車を当て逃げされた!保険の保証はどこまで効くの?

当て逃げには、接触事故だけでなく、軽くぶつけられたり、擦られたりする事例も含まれます。加害者であるか被害者であるかによって利用出来る自動車保険の種類が違ってきます。加害者の場合は「対物賠償責任保険」、被害者になった場合は「車両保険」に加入していることが必要です。被害者の損失をカバーする車両保険ですが、一般条件での保険に入っている場合は保証があるのですが、エコノミータイプにオプションを付けている様な、限定タイプの保険ではカバーされないので注意が必要です。一般条件で車両保険を契約していることを確認したら、次は免責額( 自己負担 ) の設定をしてあるかどうかを確認してみて下さい。最初に記入されている金額は保険期間中の1度目の事故の自己負担額、その次に記入されている金額は2回目以降の事故の自己負担額です。車両保険を使うと翌年の保険料が高くなります。割引3等級ダウンです。そのため、事故による破損があまり大きくない場合は、保険を利用しない方が良い場合もあります。事故が起きてしまった場合は、まず加入している自動車保険会社に連絡、そして金額部分を担当者に計算してもらい、その後の対処を熟考するのが良いでしょう。

コメントは受け付けていません。