ラジオやエアコンに不具合があったときの対策

海-イルカ車を使う上で欠かせないのがラジオやエアコンという方も少なく無いと思います。運転中に集中力を切らさない程度のBGM、快適な車内空間に温度調整、とても大事な機構です。しかし、長年使っていると調子が悪い、故障することもあります。BGMが聞けなくなった場合にはまず放送が受信できないのか、電源が入らないのか、スピーカーから音がしないのか確認します。現在の車の多くはアンテナがスティックもしくはフィルム担っていますが、どちらも接続が悪くなることはあります。しかし、故障の原因で多いのは本体そのものであることが多いようです。基本的に修理ができますが、価格面で新品を購入するのと変わらないことも多いようです。また、エアコンが故障した際はファンが回っているのか、冷え具合が悪いのか、まったく冷えないのか確認しておくと良いです。エアコンの風を送るコンプレッサーの故障であれば交換修理ですみますが、配管からの漏れであれば修理に時間がかかることがあります。ただし、ガスが抜けている場合には自然に抜けますのでガスの補充で戻る場合もあります。ただし、ガス量などは自分でチェックできませんのでディーラーなどで確認してもらうのがよいです。

コメントは受け付けていません。